様々な難関

熾烈な競争を勝ち抜いて競馬学校に入学するための方法を紹介しているのがこのサイト。ライバルに差をつける情報が満載です。

素晴らしい技術を持った書道家がいます。その方について知りたいのならこちらのサイトを見てみてくださいね。経歴などが掲載されています。

競馬の騎手になるためには、必ず競馬学校に入学する必要があります。また、非常に重要なことですが、競馬には中央競馬と地方競馬があり、入る競馬学校によってどちらに行くのかが分かれます。つまり、地方競馬の騎手を育成する競馬学校に入って卒業した後、中央競馬の騎手になるというのは不可能なのです。もし、地方競馬の騎手から中央競馬の騎手になりたいという場合は、改めて試験を受ける必要があります。競馬学校を受験する際は、条件を満たしていないといけません。たとえば、中央競馬の騎手になるための学校の場合、年齢制限、体重制限、視力制限などがあります。体重であれば、身長が何センチであろうとも47キロを超えていると受験出来ません。

では、競馬学校に入学するために気をつけておいた方がいいことや、合格するために工夫出来ることにはどのようなものがあるでしょうか。まず、非常に大事なこととして視力を落とさないようにするということが挙げられます。というのは、中央競馬の競馬学校の場合、裸眼での視力が0.8ないと受験出来ないからです。眼鏡やコンタクトをつけた場合は認められないので、0.8を子供の頃から確実にキープしておく必要があります。また、当然ですが、体重のコントロールも重要です。騎手は背が低くて体の小さい人に向いていると言われますが、それは、体重の問題があるからです。騎手になろうと考えた時点から、食事を調節して45キロ前後をキープしておくようにしましょう。

注目の記事

オススメリンク